スタッフブログ

16.07.20 カテゴリー:28兵庫県,現存12天守

【世界遺産】白鷺の天守「姫路城」姫路市 現存十二天守 おおきなお世話旅 兵庫県 2016.07.20

01IMG_8690

 

屋根瓦のつなぎ目まで、白漆喰で彩られ、

「まぶしい!白すぎる!」と評判の

世界遺産姫路城です。

平成の大修理に要した年月は5年半!

費用24億円!職人15000人!だそうです。

ちなみに、改修披露は2015年3月27日だったそうです。

02IMG_8694

★大手門より三の丸へ

IMG_8605大手門をくぐり、

三の丸御殿跡から天守をのぞみます。

はるか彼方に見える白亜の天守です。

★いの門から城内へ

IMG_8610

いよいよ天守が近づきます。

★はの門南方土塀

IMG_8621

さまざまな時代劇の撮影に使用された南方土塀。

いまにも、お侍が駆け上がってきそうです。
IMG_8622

★にの門からの天守

IMG_8624
角度が変わると天守の表情も変わります。

★姥ケ石(うばがいし)

IMG_8636
金網で守られている姥ケ石。
羽柴秀吉が、姫路城を築く際に、
城内の石垣が足りず困ったそうです。
そんなおり、近所の老婆が
自宅の石臼を使って欲しい
と申し出たそうです。
老婆でさえも協力しているのだから
との評判が広まり、その後、
石が続々集まったという美談が残る
伝説の石臼だそうです。

★水二門

IMG_8638
この門をくぐるといよいよ天守に入場です。

★大天守内部

IMG_8641
地階から一階へ
IMG_8645
居並ぶ「武具掛け」を通って、大天守へ進みます。
IMG_8654
巨大な2本の大黒柱
「西大柱」「東大柱」が天守を支えます。
IMG_8658
地階を含め、6階までの急な階段を上ります。
IMG_8662
最上階には天守の建てられている
「姫山」の地主神が祀られています。
IMG_8664
周囲の眺めは最高です。
暑さも半端じゃありませんでした。
IMG_8666

★備前丸からの天守

IMG_8674
本丸に当たる場所の備前丸から天守を見上げます。
この場所に御殿があった時代もあったそうです。
IMG_8677

★備前門

IMG_8680
備前丸出口の門です。
ひときわ大きな石が右端の扉を支えています。
これは建築当時に出土した、
古墳時代の「石棺」を
石垣に利用しているのだそうです。

★お菊井戸

IMG_8684
怪談「播州皿屋敷」の「お菊さん」が
絶命したと伝えられる井戸です。

★西の丸

IMG_8688
池田氏に代わり城主となった本多忠刻と
徳川家康の孫・千姫の居館として、
千姫の化粧料10万石で元和4年(1618)に造営された
と伝わる御殿が西の丸。
その庭園から望む天守の姿は、
観光パンフなどに使用されているようで、
もっとも美しいものです。
IMG_8689
三の丸御殿跡で作業する皆様に、
感謝の気持ちを込めて、
最後に天守を振り返りました。
IMG_8693
白漆喰が新しく「白すぎる」
と形容される姫路城白さも、
あと一年ほどだそうです。
白漆喰の色があせる前に
タカヤマは訪問出来て良かったです。