スタッフブログ

16.11.26 カテゴリー:18福井県,現存12天守

【重文】「丸岡城」坂井市丸岡町 現存十二天守 おおきなお世話旅 福井県 2016.11.26

img_2668

現存12天守のおおきなお世話旅、11番目は福井県の丸岡城です。

天正4年(1576年)築城。現存天守の中でも最も古い建築様式だそうです。

400年余りの歴史に建つ天守。粗削りな石垣と建築様式が、歴史を語ります。

img_2672

1612年に城主となった「本多成重」が幼少のころ、

父「本多重次」が成重(幼名「仙千代」)を戦地から思い、

妻にあてた日本一短い手紙

「一筆啓上一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」

にあやかった碑がありました。

img_2655

天守に向かう石段には、一般から募集した

「一筆啓上賞」の作品がいくつも展示されていました。

img_2656

%e7%9f%b3%e5%9e%a3

石垣は自然石を加工せずに積み上げた隙間の多いもの、

「野面乱積み(のずらみだれづみ)」と言うのだそうな。

img_2674

img_2677

城内には、往時をしのぶミニチュアやパネル展示がありました。

img_2681

城内の作り。

img_2686

急な階段は一級品、これは、ほとんど「ハシゴ」です。

img_2694

img_2689

お決まりの天守からの展望。

img_2690

何が、こんなに豊かな気持ちにさせてくれるのでしょうか?

img_2696