スタッフブログ

17.04.12 カテゴリー:00介護タクシーおおきなお世話,23愛知県

花だより 2017.04.12 たまにはやります親孝行 五条川を介護タクシーが下る

五条川

本日のお客様はおせっかいタカヤマ夫の父親とタカヤマ妻の母。出向いたところは五条川。

わが郷土の誇る桜の名所です。

 

花見弁当を購入し、最初に赴いたのは大口町の「堀尾跡公園」。大口町出身の戦国武将、堀尾金助の城跡に整備された公園です。堀尾金助とその母親の「裁断橋物語」の「裁断橋」と「姥堂の山門」が復元されています。

裁断橋と桜。

裁断橋からの五条川の桜です。

裁断橋のたもとには堀尾金助と母の銅板絵図と擬宝珠に書かれた「裁断橋行」の現代語訳がありました。

おせっかい夫の父とおせっかい妻の母とベンチで昼食です。

ちらほらと舞う花びらを受けて食べるコンビニ弁当。ここで食べればすべて美味です。

公園から五条川をお散歩して下ります。桜に彩られた尾北自然歩道は雄大です。

続いておとずれたのは「岩倉さくらまつり」真っ最中の岩倉駅間近の五条川のほとりです。

川面を流れる「花筏」が美しいです。

「花筏」とは散った桜の花びらが水面に浮き、それらが連なって流れていく様子を表したものであり、俳句の季語になっていることを義母から教えていただきました。

 

最後の訪問地は、やっぱり清須城。五条川桜の締めとなります。

お城と桜。美しいです。

信長様と濃姫さまも、桜を楽しむ庶民をほほえましく見下ろしておられました。