スタッフブログ

17.06.03 カテゴリー:アクト💛スマイル

アクト💛すまいる 第63回定例会 人工呼吸器取り扱い研修会出席 2017.06.03

介護タクシーおおきなお世話が日々ご指導を頂いている介護タクシーネットワーク「アクト💛すまいる」。コールセンター業務を中心に、お客様と加盟する37の福祉・介護タクシー事業者の橋渡しを行う一般社団法人です。

「アクト💛すまいる」は毎月第一土曜日に定例会を開催しています。本日はその定例会において行われた「人工呼吸器取り扱い研修会」におせっかいタカヤマ夫婦が参加しました。その様子をお伝えします。この研修会の中心企画事業所は小牧市を拠点にされている先輩事業所の「まるは福祉&介護タクシー」さん。お写真の何枚かも、まるはさんからいただきました。
講師は人工呼吸器取り扱い専門企業の「フィリップス・レスピロニクス合同会社」の名古屋営業所の社員の方。人工呼吸の定義から始まり、主に在宅で人工呼吸を必要とされる患者さんが利用しておられる機器の特徴と機能、それらの機器を患者さんと共に移送する際に配慮すべき事項などについて、わかりやすく解説していただきました。

熱心にフィリップスさんの講義を聞くのは、アクトの加盟事業者の皆様。みんな真剣です。人工呼吸器の小型化・高性能化により、ご自宅で生活されている人工呼吸を必要とされるお客様を、私たち介護タクシー事業者がお送りする機会も増えています。そうしたお客様をお乗せする場合に、私たち事業者が気を付けるべき点を学ぶ事が出来ました。

フィリップスさんからいただいたレジメ。患者さんの状態や、各機器の機能について説明がありました。

気管挿管(ノドにつけた気管チューブ)から呼吸される方、鼻・口のマスクから呼吸される方のどちらにも最も多く使われる機器だそうです。

 

その機器からのびるホース類。患者さんの生命維持装置です。

おせっかいタカヤマ夫婦。ずうずうしく、直接機器を持って、講師さんに質問します。

有意義な研修会に参加できたことに感謝します。夫婦で介護タクシーを業務としていることに感謝します。微力ながら、地域で暮らす方々に貢献できることに感謝します。こうした企画を提供してくださる「アクト💛すまいる」に感謝します。ありがとうございました。