スタッフブログ

18.11.15 カテゴリー:00介護タクシーおおきなお世話

お世話するつもりでしたが、お世話していただいていました。快晴の中の一時外出 2018.11.15

「秋晴れ」という言葉は今日のためにあったのです。
素晴らしいお天気の日は、何をやっても、気分が高鳴ります。
「おおきなお世話号」本日の運行は、病院から一時外出の利用者様のご自宅への往復。
奥様から聞くに、お客様は5カ月ぶりのご帰宅だそうです。
体力の消耗が激しいお客様の退院に向けて、家庭内の生活を援助するため、病院からは3名のスタッフさんの同乗をいただいきました。

お客様ご夫妻、3名のスタッフさん、おせっかいタカヤマ夫婦。合計7名を乗せ、「おおきなお世話号」は一路お客様のご自宅へ40分の旅の出発です。

行きは、おせっかい運転手の希望により、風光明媚な木曽川の堤防を走行。
眼前に広がる雄大な木曽川は、息をのむほど美しいのでした。車中に流した70年代青春ソングにも奥様のお褒めの言葉をいただき、おせっかい夫婦は満足至極!
お世話しているはずなのに、ご夫婦からお世話いただいている?

無事、ご自宅に到着。ご自宅に待っておられた「ケアマネージャーさん」を含めて、記念写真。すてきな笑顔、頂きました!!
あっという間に過ぎる滞在時間。帰りの車中は、お客様がお好きとお聞きした80年代の初々しい「松田聖子」さんの楽曲を流します。
往復、3時間の素敵な旅のお供をさせていただきました。ありがとうございました。