スタッフブログ

19.03.09 カテゴリー:ピアサポーター妻タカヤマ

お家に帰るという事 2019.03.09

外出許可が出たので日帰りで帰省をしたいという入院患者さんからの依頼をある総合病院の看護師さんからいただきました。
頼まれていたのは病院とご自宅の往復。お世話号は病院を出発して、ご自宅に直行するつもりでした。
ところが車がご自宅近くになった時ご本人が「ゆっくりゆっくり、あー。Uターン。ここが昔働いていた工場。」

お世話号の後ろをご自分の車で追いかけていた奥さまは突然のUターンにびっくり!
それからしばらく行くと「あー、ここ曲がって!ここを入るとお宮がある。」ありました。ありました。
その道から鳥居、お社は本当に近い距離にあります。「降りなくてもいい。」と言われ車の中から手を合わせておられました。

 

そして、自宅に到着。お庭には梅の花。娘さん、お孫さんがお出迎え。
ご家族、ご親戚がご本人を囲んで楽しいひとときを過ごされたようです。帰りは「こっち」とご仏壇を指さされ仏様にお参りをされて玄関に降りられました。

 

 

このお客様にとって『お家に帰るという事』は、ただ家に帰って家族と過ごすという事だけではなくて、
ご自分の仕事場がちゃんと引き継がれている事を確認する事。
小さい頃からお参りしていた神様に「ここに戻って来ました」とごあいさつをする事。
「また家を留守にするけれど皆をお守りください」とご先祖様にお参りする事。
これら全てだったのです。いえ、もっとあったのかもしれませんが。

ご本人ご家族の思いや願いに近づくことができたのかもしれない。
そんな思いをいただける素敵なお客様との出会いでした。