スタッフブログ

20.11.07 カテゴリー:4 こんなこともやってます!おおきなお世話,5 アクト💛スマイル

介護タクシーおおきなお世話は宇山祥子議員を応援します。 2020.11.07アクトすまいる定例会

宇山祥子さんは一宮市の市議会議員です。

お父様の介護を経て、2007年からお父様の杉戸浴場(一宮市大宮)の3代目として奮闘。

一宮市高年福祉課の事業としての①おでかけ広場②つどいのサロン

③すぎと寄席

④「転ばない先の体操教室」などの草の根活動を推進。

2019年4月の市会議員選挙で当選された庶民派一期議員さんです。

2020年9月の一宮市議会一般質問において①「医療用ウィッグの購入助成」②「乳がんで大切な人を失わないために」について質問された「宇山祥子」議員。この質問をきっかけに、がんのピアサポーターである「おせっかいタカヤマ妻」は宇山議員と出会います。

宇山議員は、お父様の介護と通院に辛い思いをされた経験をお持ちでした。

この出会いをきっかけに、宇山議員は福祉・介護タクシーにも関心を持っていただきました。

と同時に、その運行事業により、超高齢化社会に貢献したいと願う

「介護タクシーおおきなお世話」と「アクトすまいる」にも強い関心を持っていただきました。

そして、2020年11月7日(土)名古屋市中区のアクトすまいる本部で開催された

「第102回アクトすまいる定例会」にオブザーバーとしてご出席を賜ることが出来ました。

定例会においては、宇山議員から「各市町における福祉・介護タクシーへの行政からの料金助成の状況をお聞きしたい」との質問に、参加事業者から多数の情報提供がなされました。

宇山議員からは「福祉・介護タクシー事業について、行政に対して、交通弱者である市民目線で問題提起をしていく」との頼もしい言葉をいただきました。

今後も介護タクシーおおきなお世話とアクトすまいるへの応援よろしくお願いします。